元AKB48岩田華怜ストーカー大西被告実刑ならず!受ける刑はどんな刑?

こんにちは!

元AKBストーカーの大西被告(43)が有罪判決となりました。

懲役4月、保護観察付き執行猶予3年

東京地裁は31日、懲役4月、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役4月)の判決を言い渡した。

判決内容は、懲役4月、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役4月)の判決。
※「懲役4月」とは4ヶ月のこと

初犯ということで、実刑判決には至りませんでした。
執行猶予期間中は保護観察処分となります。

ストーカー行為の数々

やばめ・・・・。

この行為って、正常な精神で出来るものなのでしょうか?
保護観察って、病院に行ったりしたほうが良いんじゃないでしょうか?

ぜーっったいおかしいって!

206 :47の素敵な:2018/06/19(火) 15:10:34.03 .net
大西秀宜まとめ

日立製作所の社内SNSでメンバー宛のラブレターを書くなどAKBトーク全開。歌詞を書いたりするなと上司に怒られる
      ↓
個人情報保護法違反だと日立製作所役員に1500通メールしたところ懲戒処分
      ↓
Yahoo掲示板で風説を流したり実名をあげて上司や同僚を非難したところ再び懲戒処分
      ↓
日立製作所内で個人情報保護法違反が行われていると経済産業省に通報するも無視される
      ↓
その後も日立の非道を全力で実名をあげて訴え続けたところ懲戒解雇
      ↓
日立グループに命を狙われる危険があったのでドイツに難民申請するも却下される。その後亡命に変更するも再度却下。
      ↓
韓国にも難民・亡命申請するがやはり却下。日本に戻り日立と戦う道を選ぶ
      ↓
AKB岩田華怜さん(15)に結婚を申し込むも、「ホントそういうのやめてください。迷惑なんで・・・」と岩田さんが泣きだし
握手会が一時中断。AKS(AKB運営組織)が冷たい態度をとるよう岩田さんに強要したため失敗。
ファンレター拒否、握手券があっても握手させず返金対応、Google+でアクセスブロックするなど、仲よくなった二人を
一連の隔離対応で離反させることで他のメンバーに心を移らせて新たに収益をあげようとする悪質ビジネスモデルを
非難するため、個人情報保護法違反等でAKSとキングレコード(AKBのCD発売元)、Googleを提訴

 

『私はストーカーではない』

大西被告に罪の意識はない模様です。

大西被告のコメントです。

『岩田華怜が事務所に言わされているだけ。』
『岩田さんは今でも僕に好意を抱いていると思います。』
『私はストーカーではない』

今回の刑は実刑ではありません。

果たしてそれで解決になるのでしょうか?

SNSでは不安の声

やはり、世間も不安に思っています。

本人に罪の意識がなく、保護観察。
本当に大丈夫なのでしょうか。。。。。

元AKBの岩田さんも不安だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です