新元号の候補漢字は「安久」?誰が決めるの?元号を使う理由は?

こんにちは!

2019年明けましておめでとうございます。

さて、今年は元号が変わる大イベントが待っています。

新元号は4月1日に発表

先日の1月4日に、
三重県の伊勢市での年頭記者会見で、
安倍晋三首相により表明されました。

「国民生活への影響を最小限に抑える観点から、先立って4月1日に発表する」

「歴史的な皇位継承を国民がこぞって、ことほぐことができるよう準備に全力を尽くす」

つまり、早めに教えるからみんな準備しててねってことですね。

とりあえず、
年月日を記入する欄があるような書類やデータは、
総取り替えでしょうね。

30年ぶりの元号改正、平成へ変わったときとは社会状況が変わっており、
コンピューターが社会に広く浸透しているので、
準備期間を確保するのは、適切な処置と思えます。

新元号の候補は?

さて、新元号の候補について、
巷でもいろいろと議論が盛んにされていますね。

候補ってどんなものがあるのでしょうか?

元号選定手続きのルール

新元号の選定に関しての法的基準というものはありませんが、
1979年大平内閣時代に出された閣議報告の
「元号選定手続き」には以下のように書かれています。

1.国民の理想としてふさわしいような意味を持つもの
2.漢字2文字であること
3.書きやすいこと
4.読みやすいこと
5.これまでに元号又は諡として用いられていないこと
6.俗用されていないこと

なんか、曖昧な表現が多くないですか?笑

その他にも、暗黙の了解として、
明治、大正、昭和、平成のイニシャルとなるM、T、S、Hが頭文字となる元号は使わない、
中国の古典の中から採用する、というルールもあります。

どんな候補がある?

専門家の方たちが予測しているのは、イニシャルがKとなるもの。

「感永」「喜永」「景星」

ただ、これらの漢字って、難しくないですか?

字画多いし、子どもにも難しそう。

そこで、街の声を調べてみました。

ちなみに、「めざましテレビ」で予測されていた新元号、

「幸せに成る」という意味の「幸成(こうせい)」だそうです。

大手生保会社が取ったアンケートによると、

「平和」「和平」「安久」がトップ3に選ばれています。

Twitterなんかを見てみると、

「安久」「安成」など「安」の文字が多くありました。

書きやすそうだし、いいですね。

元号って使い続けるの?

知っていましたか?

元号を使っているのは現在は日本だけです。

西暦と元号と、両方を使うのって面倒だなぁって私は思うのですが。

特に事務手続きの書類を作る時には苦労があるでしょう。
パソコンのシステムを作る時など、
元号が変わる際にはエラーの原因となる可能性もありますね。
元号は、いつ変わるかも分からないですしね。

現に、今、システムエンジニアの方たちは戦々恐々としていると思います。

「1カ月」という時間は、システムの規模と人員にもよるが、十分なテストをしたうえでのシステム改修を行うにはとても足りない、という意見が多いのではないだろうか。記者の周囲のIT関係者からは、「できれば半年、せめて3カ月」という声が多く聞かれる。

現在元号を西暦に変更する事は「不敬」とする意見もあるみたいですが、

使い続ける理由は、別に廃止する積極的理由がないから。

それだけだと思います。

個人的には西暦に統一したら?とも思うけれども、

世界で日本だけってことで、なんか、特別感感じる気もするような。。。

元号って誰が決めるの?

池上さんの説明を引用します、

「平成」の元号が決められた前回に倣うと、基本的には政府が密かに何人かの学者に案を提出してもらい、有識者による「元号に関する懇談会」で提案。ここで支持された案が内閣の全閣僚会議で決定するということになりそうです。

選ばれし有識者がこっそり集まって候補を出して、内閣が決定するって感じですかね。

密かに何人かの学者って、気になりますね。

まとめ

新元号の発表は2019年4月1日、

どんな漢字が発表されるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です