安田純平氏の旅券(パスポート)発給申請理由は?外務省拒否は当然!?

こんにちは!

外務省がフリージャーナリストの安田純平氏のパスポート発行を拒否したと話題です。

内戦下のシリアで約3年4カ月拘束され、昨年10月に解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(45)に対し、外務省が旅券(パスポート)の発給を拒否したことが16日分かった。安田さんが明らかにした。(産経ニュース)

海外に長い間拘束され、つらい思いをしたにも関わらず、
何故パスポートの発行が必要だったのでしょうか?

身代金の総額もご存知でしょうか?

世間の声も集めてみました。

安田純平氏の旅券(パスポート)発給申請理由は?

帰国後の今年1月に、安田純平氏は旅券の発行申請をしていました。

外務省から渡航計画の提出を求められ、

5月にインド、6月に欧州へ行きたいと伝えたそうです。

理由は、「家族旅行がしたい」

安田純平氏が入国拒否をされているのはトルコ一国です。
インドも欧州も入国できます。

何故、外務省は旅券発行拒否をしているのでしょうか。

安田純平氏の旅券(パスポート)外務省発給拒否理由は?

発行拒否の理由について、
外務省は「個別の案件にはコメントしない」としていますが、

安田純平氏の自身の記事のこのようなことが書いてあります。

トルコが入国拒否しているということを根拠に旅券法13条1項1号(「渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者」)で旅券そのものを発給せず、世界中どこにも行けないというのは無理がある。外務省は、私に7号を該当させようとして審査している可能性がある。(論座)

7号というのは?

MEMO

7号とは「外務大臣において、著しく、かつ、直接に日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」というもので、「国益公安条項」とも言われている。

7号の場合は旅券法13条2項で
「外務大臣は、前項第七号の認定をしようとするときは、あらかじめ法務大臣と協議しなければならない」
となっているそうです。

7号が該当すると外務省が判断している場合、
今回の旅券発給拒否の理由も見えてくる気がします。

安田さん自身はこの判断を不服として、
不服審査請求や訴訟を検討するようです。

安田純平氏の旅券(パスポート)発給拒否は当然?世間の声。

身代金総額も「3億7000万円」と言われています。
そのことも御本人もご存知だと思います。

日本全国が固唾を飲んで見守った、解放劇。

今、パスポート発給拒否について安田さんが不服を唱えていることに、
世間の声は少なからず厳しいものになっています。

ジャーナリストとしてあるべき姿だと言う意見も。

安田純平氏の旅券(パスポート)発給申請理由は?外務省拒否は当然!?のまとめ。

いかがでしたでしょうか。

この件は物議を醸しそうですね。

ジャーナリズムとは何でしょうか。
国民の安全とは何でしょうか。
国民の自由とは何でしょうか。
外交とは何でしょうか。

考えさせられます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です