小出義雄監督の死因はなに?経歴やプロフィールがすごい!

こんにちは。

訃報です。あの、陸上の名監督、小出監督が亡くなりました。

陸上女子長距離の指導者として2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんら数々の名選手を育成した小出義雄氏が24日、死去した。80歳だった。(引用:共同通信)

小出義雄監督の死因はなに?

死因についてはまだ公表されていませんが、
年齢が80歳というご高齢で、また、心臓に持病もあったそうです。

今年の三月には一線を退かれていましたので、ご自身の体の変化には気づいていらっしゃったのでしょう。

小出義雄氏(79)が3月末をもって指導の一線から退いた。小出氏は1日、「今月(15日)で80歳になるし、体力も衰えた。指導者としてけじめをつけることにした」と語った。(引用:朝日新聞)

小出監督は近年、体調を崩しがちで入退院を繰り返していたそうです。
そして、2~3年前からは心臓にペースメーカーを装着していたそうです。

小出監督の経歴やプロフィールがすごい!

小出監督の経歴はすごいですね。

小出氏は千葉県佐倉市出身。順大を経て、市船橋高の監督時代の86年に全国高校駅伝(男子)で優勝。その後、リクルートや積水化学で監督を務め、高橋尚子や有森裕子、97年世界選手権優勝の鈴木博美らを育てた。佐倉アスリート倶楽部の代表は引き続き務める。

今はご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です