池袋暴走事故の車の車種は?「アクセルが戻らない」はありえるの?

こんにちは!

とてもショッキングな事故です。

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道で乗用車が歩行者らを次々とはね10人が死傷する事故がありました。自転車に乗っていた母娘2人が亡くなっています。

現場にはブレーキ痕がなく、ごみ収集車に衝突して止まりました。

事故を起こした車を運転していたのは無職飯塚幸三氏(87)で、
「アクセルが戻らなくなった」と話しているそうです。

アクセルが戻らなくなるということはあるのでしょうか?運転していた車の車種に問題があるのでしょうか?

スポンサードリンク

池袋暴走事故の車の車種は?

たくさんの映像が流れていますが、車種はトヨタのプリウスですね。

【画像】事故車はプリウス

年式は分からないが、
事故を起こしたプリウスは、2代目のNHW20で、

販売期間は2003年〜2011年となっています。

池袋暴走事故の車種・プリウス2代目の安全性

事故を起こした男性は、「アクセルが戻らなくなった」と言っているようですが、
そんなことはあり得るのでしょうか?

自動ブレーキが効けば事故は防げた!という世間の声もあるようですが、
まず、事故車両は2代目プリウスなのでそういった安全装備の概念が付く前の世代の車だったため、そもそもそういった機能はなかったわけです。

運転手側からプリウスの安全性だけを見ると、皮肉にも、安全性が証明されたような事故でした。

スポンサードリンク

池袋暴走事故の車種・プリウスが事故る理由

ただし、操作性の面では、問題が指摘されています。

こちらがプリウスの捜査レバーの部分なのですが、、、、

【画像】プリウスが事故る理由

プリウスのD(ドライブ)の場所は、マニュアル車だとR(バック)の場所なんですよね。 頭からコンビニ駐車場に駐車してて、出る時に後ろを見ながら手探りでバックに入れると、つい長年乗りなれたミッション車のクセで右下に入れてしまう。 結果、思った逆方向に発進し、焦ってアクセル踏み間違う

運転手は87歳という高齢者。
無意識にかつての若い頃の癖がつい出てしまったことも考えられるのでしょうか。

ただし、ドライブレコーダーに、

最初の接触事故の直前、妻が「危ないよ、どうしたの?」と呼びかけ、
飯塚さんが「あー、どうしたんだろう」という会話が残されているようなので、

無意識に間違えたというわけでもなさそうです。

プリウスの欠陥を疑う意見もありますが、

ブレーキを踏んだ跡がないので、
足の感覚を失った可能性も疑う必要もあると思います。

スポンサードリンク

池袋暴走事故の車種・「アクセルが戻らない」はあり得る?

運転をしていた男性は「アクセルが戻らなくなった」と証言しているそうなのですが、
そんなことはあり得るのでしょうか?

やはり、プリウスの欠陥なのでしょうか?

SNS上でも意見が飛び交っています。

「アクセルが戻らない」の原因は・フロアマット?身体機能?欠陥?

アクセルが戻らないはあり得ないとして、以前アメリカでも訴訟問題になったフロアマットを言及されています。

スポンサードリンク

池袋暴走事故の車の車種は?「アクセルが戻らない」はありえるの?のまとめ。

いかがでしたでしょうか。

池袋暴走事故の車種のプリウスに注目が集まっています。
「アクセルが戻らなくなった」という証言がありますが、車の欠陥、運転手の身体機能の状態、その両方から調査が必要だと思います。

人の命に関わる本件、慎重なそして迅速な調査が求められます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

1 Comment

しんのすけ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です