【アメリカ出張者・旅行者必見】レストランでのチップの話

こんにちは!

今回は、アメリカでのチップの支払い方について、
ご紹介したいと思います。

日本にはあまり馴染みのないチップ。

アメリカに出張や旅行で行く予定の方は、
悩んでいるかもしれませんが、
慣習なので、覚えておけば簡単です!

そもそもチップってなに?

あえて日本で近いものをいうなら

“心付け”ですね。

ただ、アメリカでは、
チップは払っても払わなくてもいいものではなく、

“払うもの”です。

確かに、
チップ制度は法的に定められたものではないし、
強制ではないのですが、

払わなかったり極端に金額が少ないと、
トラブルになったりします。

なぜなら、

アメリカのサービス業の収入はチップありき

すべてのサービス業がそうであるとは言いませんが、

アメリカのサービス業の賃金はチップがもらえる前提で、
かなり低い給与設定がされています。

代表的なものは、
レストランで働くウェイターやウエイトレスですね。

時給は200円程度と聞いたことがあります。

なので、チップをもらえないと痛いんです。
よっぽどのことがない限り、払いましょう。

いや、
よっぽどのことがあっても払ったほうがいいかもしれません。

もう、その場合は、マネージャーを呼んで、
なんでチップが支払えないような状況なのか、
相談しましょう。

チップの相場は?

じゃあいくらくらい払えばいいの?ってことですが、

ざっくりですが、レストランでは10〜20%です。

丁寧なサービスが提供されるディナーなんかは20%。
ランチタイムなどは10%くらい。

15%払っておくと、トラブルにはならないですね。

私のホストのパパは、いつでも20%払っていました。

ママは、『男の人はいつだってかっこつけたいのよ〜』
なんて言って笑っていました。笑

ママは、ランチなら10%。

支払い方は、現金でもカードでもOKです。
意外とカードで支払えないって思っている人いますが、

カードで払えます。

サインをするときに、
チップ額とチップを含めた合計金額を書いて渡します。

チップを渡すときに気をつけたいこと

小銭を渡さないことです。

アメリカでは、小銭を渡すのは失礼な行為になります。

特に、ペニー(1セント硬貨)を置く行為は、

“最悪なサービスでした”

と言っていることと聞いたことがあります。

小銭を置いていきたい気持ちは分かりますが、
ぐっとこらえて、チップはお札で払いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本人に馴染のないチップ。

メニューには書いてない金額を払うことになることに
違和感を覚える人も多いかと思いますが、

先にも書きましたが、

チップは感謝の気持ちを示す手段です

食事を楽しんで、
ありがとうの気持ちでチップを払いましょう^^

うんとアメリカでの時間が楽しくなるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です