アメリカ留学を経験した私が教える、通じなかった和製英語。

スポンサードリンク

こんにちは!

日本にはたくさんのカタカナ語がありますよね。
英語なの?日本語なの?何語なの?って。

サラリーマン川柳なんかでもよく、
カタカナ語についての悩みが投稿されてますよね。
個人的にはめっちゃ好きです(笑)

高校生の時にアメリカ留学をしたのですが、
そのときに使えなくて、
“え?!”
と思った単語をいくつかご紹介します!

使えなかったカタカナ語10選!

スポンサードリンク

フライドポテト・ポテト

これ留学した人はみんな経験してるじゃないでしょうか(笑)
アメリカのマクドナルドにワクワクして行って、

『ポテーイト プリーズ』と言っても通じませんでした。

『は?』でした。

一緒に連れて行ってくれたホストファミリーも

『ん?何がほしいって?』という感じでした。

でもポテトをポテト以外で
表現する方法が分からなくて。

『ポテーイト ポテーイト…』
連呼するしかなかったです。

結局通じましたけど!

ティッシュ

厳密には、通じるんですが、通じないんです。え(笑)

日本でラップを
メーカー名のサランラップと呼ぶように、

ティッシュもCleanex(クリネックス)
というメーカー名でいうんです。

ちなみに、ティッシュではなく、
Tissue(ティシュー)と発音します。

もしかしたら、発音で通じなかったのかもしれないですね(笑)

ビーチサンダル

なかなかびっくりじゃないですか?笑

ビーチサンダル、通じません。

思いっきり和製英語のようです。

Flipflops (フリップフロップス)と言います。

高校生の私は初めて聞く言葉で、
『なに?』って何度も聞き返したの覚えています。

トイレ

トイレは通じません。
Toilet(トイレット)もアメリカでは通常使われません。

Bathroomといいます!

別の記事でも書きましたが、
アメリカではお風呂場にトイレがあるので、
トイレを指すときは、Bathroomと言います。

ちなみにWCてなんの略か知っていますか?
Water Closetです。

ノートパソコン

ノートパソコンは通じません。

Laptop(ラップトップ)と言います。

太もも(Lap)の上(Top)で作業するパソコンです。

コンセント

コンセント、通じないんですよー!
私、説明出来なくて困りました。

コンセント、なんて説明します?
『壁に空いた穴』?『電気出てくる穴』?

機械部品のバイヤーしているときにも、
とても困った覚えがあります。

アメリカでは、
Outlet(アウトレット)っていいます。
そうあのアウトレットと同じ単語です。
ちなみにイギリスでは、
Socket(ソケット)と言います。

メールしてね

友達同士で、
『メールしてね』って言う場面ありますよね。
E-メールという意味より、
連絡してねって意味で使いますよね。

そんなときは『Text me!』って言います。

クーラー

クーラーも和製英語です。
エアコンも和製英語です。

Air conditioning (エアコンディショニング)と言います。

アイス

アイスがほしいというと、氷が出てきます。

Ice cream(アイスクリーム)が正解です。

ちなみにソフトクリームは『Soft serve』です。

スポンサードリンク

現場のエンジニア同士は会話ができる

少し余談ですが、
そして面白かったのが、というかびっくりしたのが、
エンジニア同士は、会話ができます。

専門の話であれば、
ある程度まで通訳いらなかったりします。

根っから文系の私は、
機械言語というのにとても疎いからそう思ったのかもしれませんが、

機械言語とかパソコン言語?というのは世界共通なんですね。

ある意味彼らはバイリンガル!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は私が経験した通じなかった和製英語をご紹介しました。

カタカナ語が溢れている現代、
たくさんの和製英語があると思います。

私もアメリカで使って初めて知った!なんて単語たくさんありました。

少し観察してみてください^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です