【英語の発音練習】LとRを上手に発音出来るようになろう!

今回は、TOEIC900点を超え、12年間海外バイヤーとして働いてきた私が、このLとRの発音のコツをご紹介したいと思います!LとR問題。英語の学習をしていると、日本人がぶち当たる、らりるれろの発音問題。

一旦、日本語のらりるれろのことは忘れましょう。

まずは一旦、日本語のらりるれろのことは忘れましょう。

日本人にはLAもRAも”ら”に聞こえるかもしれませんが、全然違う音なんです。あくまでもLAだしRAなんですよ。

そもそも、全く違う言語です。唇の使い方、舌の使い方、喉の使い方、全然違います。

LとRは全く違う音だと認識せよ。

私思うんです、ローマ字表記がことをややこしくしてるんじゃないかって。日本人には近い音かもしれないのですが、ネイティブには全然違う音に聞こえているんです。

日本語ではLの発音もRの発音もなくて、日本人には両方とも同じ音に聞こえるんだよとネイティブスピーカーに訴えたことありますが、完全にハテナ?の顔されました。全然違う音じゃん!って。

LiceとRice、LightとRight、日本人には由々しき問題でも、ネイティブにはよくわからない問題なわけです。

LRの発音で重要なのは舌の使い方

LとRの発音で重要なのは、舌の位置です。これが上手に出来るようになればスムーズに発音出来るようになります。

Lの発音の舌の位置

Lの舌の位置

Lの発音をするとき、舌の先は上の前歯と歯茎の間くらいに当てます。軽くです。発音するときは、舌の先が上下にパタパタ動く感じです。

試しに、”エル”と言ってみてください。”ル”のときに、上記の絵のような位置に舌が来るように動かします。”エゥ”というような音になれば正解です。

Rの発音の舌の位置

Rの舌の位置

Rの発音のときの舌の位置です。Rの発音、日本人の認識だいたい間違っています。Rの発音は巻き舌ではないです。

舌に少し力を入れた状態で、喉の奥に引く感じです。決して巻きません。

試しに”アール”と言ってみてください。日本語で言うところの”ル”は発音できないので”アー”となります。犬とかが威嚇するときにうぅーって言う時の音の感じに似ています。実際、ガルルルルを英語で書くとRrrrrrrって書くんですよ。

どんどん練習してみよう

あとはどんどん練習してみましょう。言葉は使ってなんぼ、練習してなんぼです。たくさん口を動かした人がやっぱり確実に上手になります。独り言でも何でもいいですから、発音してみましょう。

love, letter, light, left, look, luck, Right, River, Rice, Room,などなど。単語になれたら、次は文章で読んでみるといいですね。英語の文を朗読してみるのもおすすめです。引っかかったら、何度もやり直してみてください。

まとめ

LとRの発音の仕方、どうでしたか?日本語にはない音と発音の仕方ですので、舌の使い方を理解したら、練習あるのみです!LとRが上手に発音できるとかっこいいですよ~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です