【萩本欽一】は77歳の駒沢大学の学生!名言連発!偏差値も調査!

こんにちは!

萩本欽一と林修の対談が明日1月6日(日)の
「林先生が驚く 初耳学!SP」(MBS・TBS系)にてオンエアされました。

人生の先輩、萩本欽一さん、
欽ちゃんから伝えられた、名言をまとめてみました。

今、そんな、
欽ちゃんの言葉が必要な人がたくさんいると思います。

欽ちゃんは駒沢大学の仏教学部の四年生

欽ちゃんは現在、駒沢大学の仏教学部の四回生。

推薦入学も出来たようですが、
それじゃ面白くないといって試験を受験して入学したみたいですね。

ちなみに偏差値は45くらいのようですね。

◇仏教学部 セ試得点率 61% 偏差値 42.5~45.0

学科・専攻・その他 日程方式名 セ試
得点率
偏差値
仏教 前期(セ試利用) 61%  
仏教 T方式   42.5
仏教 S方式   45.0
仏教 全学部統一日程   42.5

 

77歳の現役大学生。ちょっと驚きでした。

通学はタクシー

腰が痛い欽ちゃんを手助けする学生の動画が、
アップされたことをきっかけに、
エレベーターが設置されたとのこと!

設置費用は2000万円だそう。

欽ちゃんの成績は?

VTRの中で学生さんのコメント、
『全部授業も出て、普通の学生よりすごい。』
『芸能人だから全然授業にも来ないと思ってたけど』

そして成績表が映し出されたんですが、

成績はかなり優秀!評価がSとAばかりの優等生!

授業風景も流れましたが、
欽ちゃんがさっさと正解にたどり着いちゃうので、
授業時間が余っちゃうんだとか。

先生も苦笑気味でしたね。

何故大学に行こうとしたの?

林先生が、欽ちゃんに、
何故いま大学に行こうとしたのかと質問をします。

欽ちゃん:
『大人の言葉になっていないから。』
『これからの年齢に合わせたテレビが出来ないと思ったから。』

いくつになっても学びたいという気持ちがあるって、
素晴らしいなと思いました。

欽ちゃん:『大学で一番楽しい学生じゃないかな』

試験を受けに大学に行っているわけじゃなく、
生きる意味を見出した、欽ちゃんがそこにいました。

欽ちゃんの名言

番組内での欽ちゃんの名言がいくつもありました。

勝つか逃げるか。

欽ちゃん、70点以上取れなそうな試験は受けないんですって。
単位を取ることが目的じゃないという理由もあるかもしれないですが、

『負けるを経験すると癖になる』から。

人生には負けることもあるさって思ってしまたら、
ダメだって。

だから欽ちゃんは、
俺の人生は『勝つか逃げるか』だそう。

これ、すごく好きですね。

負けなんか人生にいらないってわけですね。

向いてない方へ行く方がうまくいく。

就職に悩んでいる学生にアドバイスした言葉でした。
林先生と同じことをおっしゃっていますね。

それが次の言葉にもつながるのですが、

好きでもない仕事を好きになった人が名人になってる。

坂上二郎とはコンビ組みたくない!
そう思ってたら、でも一回だけやったら結局長いことやってて、
うまくいった・・・欽ちゃんから経験から導き出した答え。

仕事で名人と呼ばれる人にインタビューしたときも、
結局そんな言葉が出てきてたそう。

まとめ

感銘を受けました。

視聴率100%の男と呼ばれていた怒涛の時代を生き抜いた、
人生の先輩が言う言葉には重みがありました。

いい番組見ました〜

私も、今こそまた大学に行きたくなりました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です