自宅待機中におすすめの映画10選!大人が見ておくべき名作揃い。

こんにちは!

新型コロナウイルスの感染を懸念して、
子どもたちの自宅待機や、自主隔離(テレワーク)の推奨や、
世界の国々では隔離を義務付ける動きが活発化していて、

日々、なんだかただならぬ雰囲気の世の中です。

先日、週末に梅田に行ったのですが、人の少なさに絶句。。。
週末なのに、駅の中のエスカレーターの電源さえ入っていませんでした。

突然日々の所業をやめろと言われ、
退屈してたり、時間を持て余している大人や、
こどもが一日中家の中にいて、イライラしてる大人、

そんな方に、隔離期間をできるだけ快適に、有意義に過ごせるように、
こんなときだからこそ、普段ゆっくりみれない映画を見てみるのはいかがでしょうか。

自宅待機中におすすめの映画10選!大人が見ておくべき名作揃い。

自宅待機中におすすめの映画10選!1:「ボブ&キャロル&テッド&アリス」(1969

監督:ポール・マザースキー
主演:ナタリー・ウッドロバート・カルプエリオット・グールドダイアン・キャノン

【感想】
・1970年代のエッセンスと最高にしゃれた会話が詰まったドラメディ。
・当時の時代背景や文化を感じる、やたらと開放的な作品ですが、そのお陰もありまして、あのナタリー・ウッドさんもかなり開放的なお姿を見せてくれます。
・悟ったあとの満ち足りた感じが。ナタリー・ウッド嬢の美しさにやっぱりうっとり♪

自宅待機中におすすめの映画10選!2:「悪女 AKUJO」(2017)

監督:チョン・ビョンギル
主演:キム・オクビンシン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン

【感想】
・『マトリックス』や『マッド・マックス 怒りのサンダーロード』と肩を並べる革新的アクション映画。
・いくらなんでも強すぎだろ!
・終着点で高笑いを見せる“悪女”のおぞましい姿に絶句。

自宅待機中におすすめの映画10選!3:「かわいい毒草」(1968)

監督:ノエル・ブラック
主演:アンソニー・パーキンスチューズデイ・ウェルドビバリー・ガーランド

【感想】
・青年が、ウェルド演じるキュートなソシオパス(社会病質者)に翻弄され堕ちていくさまを描いたダークコメディ。
・とんでもない悪女に振り回される二枚目の話がなぜ映画になるのか、高校生だった私には理解不能でした。
・“妄想癖の男とサイコパス女のボーイ・ミーツ・ガール物語”

自宅待機中におすすめの映画10選!4:「ワンダラーズ」(1979)

監督:フィリップ・カウフマン
主演:ケン・ウォールジョン・フリードリックカレン・アレントニ・カレム

【感想】
・史上最も奇妙で最も美しいストリートギャング映画。
・確かな満足感と、ほんのり寂しい気持ち。
・『なにかあったら口笛を吹け。俺はいつでも駆けつける。ワンダラーズは永遠だ』ニヤリ。

自宅待機中におすすめの映画10選!5:「母なる証明」(2009)

監督:ポン・ジュノ
主演:キム・ヘジャ、ウォンビン

【感想】
・息子に対する母親の尽きることなき常軌を逸した愛。
・「殺人の追憶」並みに重く、やるせない話だった。
・盲目的な母親の愛情を描いた映画だけど、当然それだけで終わるわけもなく、えぇーそういうオチか!ってのが楽しめる一本だった。

自宅待機中におすすめの映画10選!6:「カメラを止めるな!」(2017)

監督:上田慎一郎
主演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰

【感想】
・ゾンビと映画作りを愛する人なら絶対に気に入るはず。
・製作費300万にしては確かにおもしろい。
・複線回収が完璧にできてて、非常にいいコメディでした。

自宅待機中におすすめの映画10選!7:「バッド・ルーテナント」(2009)

監督:ベルナー・ヘルツォーク
主演:ニコラス・ケイジエバ・メンデスバル・キルマー

【感想】
ニコラス・ケイジのワルぶりを魅力的に描き切れるのは、ヘルツォークくらいだろう。
・蛇といっしょに水の中で撮影に応じた俳優さんにのっけから同情した。ありえない(涙)。
・妙に日本映画のようなコミカルなシーンがあるのもなんか笑える。ひさびさのドストライク。

自宅待機中におすすめの映画10選!8:「哀しき獣」(2010)

監督:ナ・ホンジン
主演:ハ・ジョンウ、キム・ユンスク

【感想】
・韓国産アクション映画の傑作。骨太で過激でド派手。
・「チェイサー」のナ・ホンジン監督だけあって、同じような血まみれバイオレンス。
・こんなにぼこっても皆全然死なないのがすごい。韓国の映画はとにかく血や殴打がすごいので、一回はまるとまた見たくなる。

自宅待機中におすすめの映画10選!9:「凱旋の英雄万歳」(1944)

監督:プレストン・スタージェス
主演:エディ・ブラッケンエラ・レインズ

【感想】
・現代における僕のような脚本家兼監督の真の先駆者と言えるだろう。

自宅待機中におすすめの映画10選!10:「夕陽のギャングたち」(1971)

監督:セルジオ・レオーネ
主演:ロッド・スタイガー、ジェームズ・コバーン、ロモロ・バリ

【感想】
・銀行強盗を企むただの悪党が、メキシコ革命に巻き込まれていくのがユニーク。
・レオーネの西部劇に外れなし。
・橋の爆破のシーンは、その前からの「じりじり感」も含め、圧巻。

自宅待機中におすすめの映画10選!大人が見ておくべき名作揃い。のまとめ。

いかがでしたでしょうか。

心配なニュースばかりですが、
悲観的になるだけではなく、この時期を有意義に過ごせるといいですね!

たまには休めと言われている気がします♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です