『新007』に黒人女性を起用した理由は?ボンドガールも禁止!世間の声は賛否両論。

こんにちは!

新007の発表がありましたが、

コードネーム007スパイに黒人女性起用が話題です。

また、今後、ボンド・ガールの呼称も禁止だとか・・・

ずっと歴代007を観てきた人にとっては衝撃だったのではないでしょうか。

2020年公開予定のスパイ映画「007」最新作で、黒人女優のラシャーナ・リンチがコードネーム「007」のスパイを演じることが明らかに。「007」を白人男性以外が演じるのは25作目にして初となる。(Yahoo news)

『新007』に黒人女性を起用した理由は?ボンド・ガール禁止。

007のファンなら多少の驚きを持って迎えた発表だったかもしれません。

新007【画像】ラシャーナ・リンチのプロフィール

新ボンド・ガールのラシャーナ・リンチさん。

名前:ラシャーナ・ラシーダ・リンチ
Lashana Rasheda Lynch, 1987年11月27日 (31歳)
出身:イングランド ロンドン
職業:女優
ABCの時代劇『Still Star-Crossed』のロザライン・キャピュレット(英語版)役や映画『キャプテン・マーベル』のマリア・ランボー役で知られる。

『新007』ボンドガール・ラシャーナリンチ画像

『新007』ボンドガール・ラシャーナリンチ画像

日本語題
原題
役名 備考
2011 Fast Girls ベル・ニューマン  
2013 Powder Room ローラ  
2014 The 7.39 Kerry Wright テレビ映画
2016 Brotherhood Ashanti  
2019 キャプテン・マーベル
Captain Marvel
マリア・ランボー  
2020 Bond 25 ノミ 撮影中

イメージが追いつきませんね。

『新007』黒人女性を起用した理由は?

絶対に話題の対象になるというのは分かっていて、
黒人女性起用。

制作側はどのような思惑があったのでしょうか。

「007」を白人男性以外が演じるのは25作目にして初となる。報道を受け、英国では「ポップコーンを落とす瞬間だ」(デーリー・メール紙)などと衝撃が広がっている。

英国でも話題になっている模様。

ジェンダー意識の高いのは英国らしいですが、

華麗な女性スパイ映画ならいっぱいあるし、
他にも新しい映画も考えられたでしょうし、

何故英国紳士スパイ映画を路線変えるのでしょう??

単純な疑問です。

もうボンド・ガールの呼称も禁止だそうです。

今後は、ボンド・ウーマンだそうです。

『新007』黒人女性の起用に世間は賛否両論!

この発表を世間はどう思っているのでしょうか。

世間の声は賛否両論。

今の所、否定的な意見が多いような気がします。
人のイメージってなかなか覆されないですしね。

歴代男性だった映画の主役を代えた理由はやっぱりなにかありそう。。。

『新007』に黒人女性を起用した理由は?ボンドガールも禁止!世間の声は賛否両論。のまとめ。

いかがでしたでしょうか。

世論とか何も考えず、
個人的な意見だけ言わせてもらえば、

007は少なくとも男性でしょう!

あ~~~かっこよかったという感想で終わりたいのに。

話題作になりそうなのは間違いないので、
観に行きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です