【最新】ナスカの地上絵の分析結果に謎が深まる!宇宙人の仕業?

こんにちは!

面白いニュースです。

ナスカの地上絵を分析した北海道大総合博物館などの研究で、
「ナスカの地上絵」の絵の特徴が、
ナスカ周辺にはいない種類だったという発表です。

北海道大総合博物館などの研究グループは20日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」の鳥の絵16点を鳥類学上の特徴から分析し、うち2点が海岸などに生息するペリカン類、1点は南米の森林地帯に生息するカギハシハチドリ類と発表した。ペルー南部の砂漠台地にあるナスカ周辺にはいずれもいなかったとみられ、グループは「制作目的の解明につながる可能性もある」と期待している。

んんんん?!
なんだかわくわくする分析結果ですね〜!

【最新】ナスカの地上絵の分析結果に謎が深まる!宇宙人の仕業?

ナスカ周辺にいない鳥の絵を、どのようにして知り、
どのようにして地上絵として作られたのか。

【画像】ナスカの地上絵の鳥の絵の分析結果

10年を掛けて、鳥の絵16点を鳥類学の観点から分析したところ、
その内の3点は、

ナスカ周辺に生息しない
ペリカン類やカギハシハチドリ類だそうです。

地上絵のくちばしや足指、尾羽の特徴を、
現在ペルーに生息する鳥と比較したそう。

ナスカの地上絵分析結果

ちなみに、これまでコンドルやフラミンゴとされてきた絵は、
今回、尾羽やくちばしの長さの分析をしたところ、
違う鳥と結論が出ています。

ちがったのか〜

ナスカの地上絵は宇宙人の仕業???

どうやってこの地上絵が作られたのか?
なんで周辺にいない鳥の絵が描かれたのか?

昔の人の移動距離ってどのくらいだったの??

いろんな疑問が湧いてきます。

学者の先生はこのような見解を述べられています。

北大総合博物館の江田真毅准教授は、海鳥が海から運んだ水を山に落とし、水が川を流れてナスカ台地に至るとの民話がナスカ周辺にあるとして「海鳥のペリカンを描いたのは、雨乞いが目的だった可能性があるのではないか」と推測する。

海鳥が海から運んだ水を山に落とす?
それが川を流れてナスカ大地に至る??

川に流れるほどの海水を長距離運べるペリカンいるの??

ますます謎です。面白い〜

普通に世間では、
宇宙人の為せる技だと話題ですよね。

宇宙人の仕業ってはっきり分かったら、
それはそれでわくわくしますね!

【最新】ナスカの地上絵の分析結果に謎が深まる!宇宙人の仕業?のまとめ。

いかがでしたでしょうか。

今後も研究が進められて、
宇宙人が作りました!っていう研究結果って出てこないのかな?
無理かな(笑)

「地上絵と同時期に作られた彩色土器に描かれた鳥や、近くのカワチ神殿遺跡の宗教儀式でささげられた鳥類を比較し、残る13点の特定を進め、なぜ描かれたのかも調べたい」

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です