萩原健一(ショーケン)の死因はなに?GISTとはどんな病気?

こんにちは!

萩原健一さんが亡くなっていたという速報です。

俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが26日、亡くなっていたことが28日、分かった。68歳。萩原さんは1967年、「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして、16歳でデビュー。ドラマ「傷だらけの天使」など俳優として圧倒的カリスマ性を発揮。“永遠の不良”と呼ばれた。嵐のように生きた生涯に幕が下ろされた。(引用:デイリースポーツ)

残念なニュースです。死因はGISTと報道がありました。GISTってどんな病気なのでしょうか?

萩原健一(ショーケン)の死因はなに?GISTとはどんな病気?

萩原健一さんの突然の訃報です。。。悲しすぎます。
死因はなんだったのでしょうか。闘病していたというような情報はなかったのでは?

※追記※:今しがたのテレビの報道内容では、8年前より闘病していたそうですが、本人の強い希望より、病名も公表せずに闘病をしていたそうです。
奥様に看取られながら安らかに息を引き取られたそうです・

SNSでも驚きの声が上がっています。

萩原健一さんの死因は、GIST(消化管間質腫瘍)

萩原健一(はぎわら・けんいち)さんが26日午前10時30分、GIST(消化管間質腫瘍)のため都内の病院で死去したことが28日、分かった。68歳。埼玉県出身。所属事務所が発表した。「ショーケン」の愛称で親しまれ、一時代を築いた。

萩原健一さんの死因のGIST(消化管間質腫瘍)とは?症状は?

肉腫(がん)です。

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。GISTの発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとされ、まれな腫瘍です。発症には男女差がなく、胃に最も多く見られ、序で小腸、その他の消化管になります。殆どの年齢層に見られますが、中高年に好発(60歳代でピーク)します。(引用:希少がんセンター)

症状としてはかなり大きくなった後にしかわからないので、
手遅れになることもあるようです。

吐き気や腹痛、下血・吐血やそれに伴う貧血などが起こることがあります。他の病気でもあらわれる症状ばかりで、GIST特有の自覚できる症状は特にありません。腫瘍が大きくなってからでないと症状が出ないため、発見が遅れることがしばしばみられます。(引用:希少がんセンター)

とても悲しいですね。
SNSでも悲しみの声が広がっています。

萩原健一(ショーケン)の死因はなに?GISTとはどんな病気?のまとめ。

しぶくって、男気あふれ、ショーケンの愛称でしたしまれた萩原健一さん。68歳という年齢は早すぎます。。。

寂しいですね。今はご冥福を祈るばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【関連記事】
【画像】萩原健一(ショーケン)の若い頃がかっこいい!動画あり!

1 COMMENT

匿名

二日前の写真がアレで、GISTで急死というのがちょっとわからない・・・
自分もGISTなんで。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です