【海外出張者必見!】海外出張時の飛行機内での快適な過ごし方アドバイス。服装は?持ち物は?

スポンサードリンク

こんにちは!

海外出張、特に欧米への移動には、長時間の飛行機移動がつきものです。

年間100日以上を海外出張先または飛行機の中で過ごしてきた私が、

できるだけ機内の時間を快適に過ごせるアドバイスをご紹介します。

鉄則:リラックスできて、疲れが溜らない環境を整える

とにかくリラックス出来ることが一番です。

これがどれだけ出来るかで、移動の疲れ具合が変わって来て、出張先でのビジネスのパフォーマンスにダイレクトに繋がります。

そのヒントとして下記の項目を参考にしてください。

スポンサードリンク

締め付けの少ない服装

私の上司は、いつなんどき、取引先の方に会うかわからないからと、

どんな長時間の移動でもスーツを着ていましたが、

私はまっぴらごめんでした。

気圧の関係もあるし、体がむくんだり、長時間同じ姿勢で血流が悪くなったりしますので、

是非、締め付けの少ない服装で飛行機に乗りましょう。

私は、いつもスエット生地のワンピースを着ていました。

余談ですが、ワンピース(スカート)を着るメリットはもうひとつあって、

トイレのときに裾が床につかないです。

着圧ソックスはおすすめ

気圧のせいもあるし、長時間同じ姿勢でいることで、移動中はかなり足がむくみます。

その不快な感覚の軽減をサポートしてくれるのが、着圧ソックスです。

飛行機に乗っているときだけでいいので、履いておくと、飛行機を降りたときの足の疲れが全然違います。

ただ、着圧ストッキングはおすすめしません。あくまでソックスです。

私一度だけ、着圧のストッキングを履いて飛行機に乗ったことがあるんですが、体がむくんで、

お腹や足の付根が苦しくなって気絶しそうでした(笑)トイレで脱ぎました。

体温調節が出来るように、ジャケットやブランケット

特に海外の航空会社の機内は、びっくりするくらい寒いことがあります。

正直、凍えます。

10時間以上のフライトでは、かなりの確率で体調崩します。

機内に1人一枚のブランケットを渡されますが、追いつかないレベルで寒いです。

なので私は必ずマイブランケットか、フリースを持ち込んでいました。

足元は着脱しやすい靴か、替えのスリッパ持参

締め付けが少ない格好というのにも繋がりますが、

靴は紐靴より、着脱しやすい靴か、機内で履く用のスリッパを持参することをおすすめします。

スポンサードリンク

ノイズキャンセラ付きのイヤフォンやヘッドフォンの持ち込みはおすすめです

長時間の移動、ゆっくり休む時間をとるためにも、

飛行機のエンジン音や、周りの人たちの雑音から離れるのに、

ノイズキャンセラ付きのイヤフォンやヘッドフォンはおすすめです。

機内の映画の音もきれいに聞こえますし、寝る時の耳栓にもなります。

マイウォーターと軽食

今は機内で一人ずつペットボトルのお水を配る航空会社もありますが、

いつ出てくるかなと待っているより、私は一本自分で持ち込みます。

ただ、液体なので、手荷物検査を通ったあとに、購入することをおすすめします。

また、機内食が苦手だとか、量が足りないなと思う人は、軽食を持ち込むことをおすすめします。

私は機内食が苦手なので、いつもおにぎりを3個くらいとおやつを機内に持ち込んでいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスクラスやファーストクラスでの過ごし方とはまた話が違うかもしれませんが、

今回の記事を参考にして、出張先では体調万全の上、ビジネスに望んでください!

健闘を祈ります!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です